転職時の面接で注意すること

 転職活動で必ず行われる面接ですが、新卒の時と違い社会人生活を経験しているのでまた違った気持ちで望むことになると思います。今までの経験や自分の能力などをアピールするような面接になると思いますが、その際ちょっと注意しなければならないことがあります。それは「自慢しない」ことと「謙虚さを忘れない」ことです。とても当たり前のことに思えますが、転職する人の年齢は様々なので、ある程度年齢が高くなると今までの自分のキャリアに自信を持ちすぎる人や年下の面接官になれなれしい口調で話す人などが実際にいます。どれだけすごい実績を持っていようとも転職すれば新人でその会社で一から学ぶことも多いと思います。

 面接時に面接官は自分は自分の会社でうまくやってくれるか、協調性はあるかを見ているので最初からなれなれしい口調で話すような人にいい印象は持ちません。年齢が高くなればなるほど「自慢」や「なれなれしい口調で話す」人が多くなってきます。転職しもう一度頑張ろうと思う人は自分が周りの人間より長く生きているから偉いわけではないことをもう一度考えなければなりません。自分の能力に合った会社であれば、ずば抜けて高い能力を持ってなくても普通に頑張ってくれそうだと面接官に感じてもらえれば十分採用してもらう可能性はあります。会社は普通の人を求めているのです。