転職活動の際、応募書類送付で必要なこと

 転職の際、書類選考があるときなどは特に、応募書類を志望企業に送らなければなりません。履歴書や職務経歴書をきちんとまとめることはもちろん重要ですが、送り状や封筒の書き方、そして書類の入れ方などもマナーがあるため大切です。まず、送り状の準備はビジネス上当たり前というほど重要ですが、履歴書や職務経歴書を送る際も、こうした送り状は必ず同封するのが常識です。

 送り状には日付、志望企業の担当部署と氏名、ご自分の住所、電話番号、氏名を書いて作成しますが、どのようなところで求人を見つけ応募にいたったのかを文中に入れましょう。そして、その求人に対して、自分が何をできるのかを簡単にアピールしましょう。最後に、面接を希望する旨と結びの言葉で完成ですが、ベース文章をコピーペーストするにしても、志望企業の担当部署や氏名、応募の経緯、自己PRなどは間違わないようにしたいものです。

 次に封筒です。書類は送付状、履歴書、職務経歴書の順に封入します。志望企業やご自分の住所は、都道府県や番地、ビル名、階数などを省略せずにきちんと書くことがポイントです。また、志望企業名と担当部署、採用担当者の名前は、住所よりも大きく書くことが常識です。

【関連情報】
60歳からの仕事探しについて
難しい60歳からの仕事探しを成功させるためのポイントとは?

年金積立金管理運用独立行政法人

 そして、けっして忘れてはいけないのが、封筒の表側に赤字で「履歴書在中」や「応募書類在中」と書くことです。これは応募書類であることを示しておかないと、その他の郵便と紛れてしまうため、それを避けるのに行なうことです。このように、応募書類を送るまでにも、ビジネスマナーがいくつもありますが、きちんとしていないと、こんなところで人間性を見られ、面接にすら進めないのでは本当に損です。そのようなことがないよう、細心の注意で望みましょう。